早目に出て早目に帰ろう!ツアー 2012年05月06日 三重 トラックバック:0コメント:0

GW最終日、いかがお過ごしですか^^ あっという間に終わりそうですね。

昨日5月5日は、天気がよくなるはずだ! と予想し前日の4日から何処行こうか?とワクワク菌が出まくっておりました。
ただ、渋滞が大嫌い。ならば早目にでて早目に帰ってこよう ということで・・・・

名付けて「早目に出て早目に帰ろうツアー」 参加者1名 うはは^^ またか〜〜〜〜〜〜い!! に出かけてみました。

まわった場所は、関宿 → → 花の郷滝谷 → → 室生寺 でございます。

まずは、三重県にあります関宿を少々。


関宿は、江戸時代には、東海道53次の江戸から数えて47番目の宿場町として、参勤交代や伊勢参りの人々でにぎわいました。
現在、旧東海道の宿場町のほとんどが旧態をとどめない中にあって、歴史的な町並みが残ることから、
昭和59年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。関宿の範囲は、東西追分の間1.8キロメートル。
江戸時代から明治時代にかけて建てられた古い町家200軒あまりが残っています。



関宿近くに到着した頃、ちょうどお日様がでてきました。この感じは・・・・晴れるぞー





関宿は、生活の場でもありますので、あまりにも早くうろつくのもどうかと思い、
近くの道の駅でいっぷくして時間をつぶしました。

6:30、車を観光駐車場に移動し、散策スタートです。西追分から東追分に向かい歩きました。

西追分


 



東追分


 




大好きな古い町並みです。

その昔、人々が東海道53次の街道を歩いていたのを想像しながら、関宿をてくてくと歩いてみました。
天気は最高!! 気持ちよかったです。



 


 

 





 


 

 



 



 


 

 





 


旅籠(はたご)玉屋歴史資料館と関まちなみ資料館を見たいのですが、9:00〜。
青空の下、あっちこっち散策して9:00になるのを待ちました^^

おかげでツバメウオッチングもできましたよ!!
軒裏に巣があって、ツバメが飛んでる所がありました。動きが速い。

ツバメです(笑)


 

 


 



次は、江戸時代の町家建築と江戸の宿場の様子を覗いてみましょう!(つづく・・・)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kyougoyomi.blog.fc2.com/tb.php/745-3ed25900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)